モンテッソーリ教育とは?おうちでできる方法や内容を詳しくお伝えします!

さら

モンテッソーリ教育ってご存知ですか?

なんとなく聞いたことある!興味はあるけどよくわからない、という方がたくさんいるのではないでしょうか?

最近だと高校生棋士の藤井聡太さんが受けたとして、メディアで多く取り上げられましたよね。

興味はあっても、近くにそんな幼稚園や小学校もないし、子供を入園させるのもなんとなく不安。というママも多いと思います。

そんなママに朗報!

さら

モンテッソーリ教育はおうちで取り組めるものがたくさんあるんです!

「おうちいく」では自宅でできるモンテッソーリ教育について、教具はもちろん理論についてもしっかりお伝えしていきますね!

今日はそもそも、モンテッソーリ教育ってなに?ということ
自宅でモンテッソーリ教育は本当に行えるの?ということについてご説明します!

モンテッソーリ教育とは?

モンテッソーリ教育は、イタリアの医師であり教育課であったマリア・モンテッソーリという女性が考案した教育法です。

「子どもには、自分を育てる力が備わっている」という「自己教育力」を前提とした教育法です。
子供は歩くことを教えてなくても歩こうとしたり、言葉を教えようとしなくても話せるようになったり、
積極的に環境に関わりながら様々な事柄を吸収しようとします。

この内在する力を発揮できる環境、自由を保障し、子供たちに自発的に活動できる場所「こどもの家」で行われたのが、モンテッソーリ教育です。

「こどもの家」では、全てが子供サイズでできています。

手洗い場の蛇口は自分で捻ることができ、机や椅子も低く、全てが子供の手の届くところにあります。

子供が自分で何でもできるようになっている、子供のための空間です。

その空間には、子供たちがやりたいと思うような活動がいくつも用意してあり、子供自身が「やりたい」「知りたい」と思う活動に取り組むことができます。

「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間に育てる」ことがモンテッソーリ教育の目的であり、

子供たちは、自主性論理的思考集中力想像力素直さ思いやりなどを得て、生きる力を手に入れます。

さらに詳しく知りたい方は、教育ソムリエ藤崎達宏さんという方の「モンテッソーリ教育TV 」で、詳しく説明されていたので、見てみてくださいね。

家庭で行うモンテッソーリ教育とは?

モンテッソーリ教育は「こどもの家」で行われており、全てが子供サイズ。

でもそんなこと自宅では無理ですよね?

洗面所はもちろん子供は届かないし、子供がするには難しすぎるものがたくさん。

触られたくないもの、興味を持たれたくないものもたくさんあります。

自宅は、大人が快適に過ごすために作られた大人のための空間だからなんです。

おうちでモンテッソーリ教育を全て取り入れる事は不可能ですが、ちょっとした工夫でおうちでも行う事はできるようになるので、安心してください^^

おうちで行うモンテッソーリ教育を行う上で、大事な事は4つあります。

①子供との関わり方

子供にどのように声かけをすればいいのか、子供にとってわかりやすい関わり方とはどういう事なのかを知る事。

②子供を知る

子供はどう考え、どう動くのか理論を知る事。

③家でできる環境づくり

どのような手助けをすれば子供が自分でできたと感じられるのかを知る事。

④家でできる活動

モンテッソーリ教育をおうちで出来るようにアレンジする方法を知る事。

この4つが重要になっていて、今後この4つについてブログ内でお伝えしていこうと思っています。

安心してください。全然難しくないですよ!

子供は自分自身を成長させる力を持っていて、子供の力を信じて手助けをするのが大人の役割なんです。

さら

これから一緒に、おうちでモンテッソーリ教育を楽しみましょう!