VISA・MasterCard・JCBの違いって何?ブランドの違いと特徴【クレジットカード】

スポンサーリンク

みなさんはクレジットカードは何をお使いですか?
私はクレジットカードを2枚持っていますが、何を思ったのか両方「VISA」です。
大学生の時に初めて作ったと思うのですが、国際ブランドといえばVISA!みたいな固定観念があったんだと思います。
クレジットカードの国際ブランドは複数ありますが、特にVISA、MasterCard、JCBが有名で使用してる方も多いと思います。
国際ブランドによってサービスが異なるので、自分の利用目的に応じて選択すれば、カードの利用価値も上がるはずです!
(少なくとも私のようにVISA2枚持っている、なんていう無駄なことはしなくなるはず(笑))

国際ブランドって?


国際ブランドとは「世界に多くの加盟店を持ち、国際的に通用するクレジットカードのブランド」のことです。
上記に挙げた3つ以外にも、アメリカンエキスプレスやダイナースクラブなど有名ですが、選択できるカードは少ないと思います。
VISA、MasterCard、JCBは国内でお得と呼ばれるクレジットカードのほとんどで選択することができます。

国際ブランドは大きく分けて2つの特徴を持ち、各ブランドによって受けられるサービスが異なります。

決済カード

VISAとMasterCardがこれにあたり、自社でクレジットカードを発行せず「決済機能のみを提供する」というスタイルのブランドです。
必ずどこかの企業と提携してカードを発行しており、世界に多くの加盟店を持っているため、他の国際ブランドと比べて圧倒的に利用範囲が広いです。
(私が国際ブランドといえばVISA!という謎の固定観念を持っていたのも、こういった情報からくるものだったと思います)

T&E(Travel&Entertainment)

JCB、アメリカンエキスプレスなどがこれに当たります。
決済カードと違い、旅行や娯楽の際に使用すると得になるカードです。
JCBカードは良いサービスがあるので、また次回ご紹介させてください。
こちらは決済機能だけを提供するカードとは違い、自社でクレジットカードを発行しています。

VISA

VISAは現時点で世界シェアNo.1の地位を築いている国際ブランド。
使える国や地域の幅、支払いに使える店舗数も世界一。
VISA提携のクレジットカードを持っていれば、支払いにまず困ることはないと思います。
もしもクレジットカードを1枚だけ持つとしたら、断然VISAがオススメです。

MasterCard

VISAに次いで人気を集めているのがMasterCard。
「お金で買えない価値がある、買えるものはマスターカードで」のCMはお馴染みですよね。
こちらも使える国や地域の数、支払いできる加盟店舗の数は多いですが、カード会員数ではVISAカード保有者の半分くらいと言われています。

JCB

日本でのシェアが高いJCBですが、海外で利用できる店舗数でいうと上記2つとは見劣りします。
国内での加盟店は最大規模なので、海外旅行しない方にオススメかと思われがちですが、海外旅行でのサポートが手厚いため、英語が苦手、海外旅行が不安と感じる方には必須の国際ブランドです。

今回この記事を書いたのも、JCBのサービスに感銘を受けたから。
私は持っていなかったのですが、旦那さんが持っていたためサービスを受けることができました。
サービス内容については次回、ご紹介させてください。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です