2017/3/2-11 HoneyMoon イギリス・フランス

ヒースロー空港に到着!ヒースローエクスプレスとヒースローコネクトの違い【イギリス・ロンドン旅行4】

無事イギリスの玄関口、ヒースロー空港に到着です。
旦那さんは以前イギリスに来たことがあるのですが、私は初めて!
英語にふれるの自体が久しぶりだったので、出国審査とっても緊張しました。

日本からの直行便、乗継便、どちらにせよ、ほとんどの場合はヒースロー空港から入国することになると思います。
ヒースロー空港〜ロンドン市内のアクセス方法は、列車、地下鉄、バス、タクシーなど様々あります。
私たちは今回、ヒースロー空港からパディントン駅までノンストップでつなぐ「ヒースローエクスプレス」に乗りました。

ヒースローエクスプレスとヒースローコネクトの違い

ヒースロー空港からロンドンへ列車移動する場合、終点はロンドン中心部に近いパディントン駅になり、ヒースロー空港からパディントン駅間を結ぶ列車は3通りあります。
・空港直結、所要時間約20分の「ヒースローエクスプレス」
・途中幾つかの駅に停車する所要時間約30分の「ヒースローコネクト」
その他には、地下鉄ピカデリー線を使えば、ロンドン中心部のピカデリーサーカスまで約50分かかりますが、1本で行くことができます。

ヒースローエクスプレス・ヒースローコネクト


ヒースロー空港には、列車用に3つの駅があり、どのターミナルに降りるかによって使用駅が異なります。
ターミナル1〜3は「ヒースローセントラル」駅。
ターミナル4、5にはそれぞれ「ターミナル4」駅と「ターミナル5」駅があります。
この3駅を利用してターミナル間を移動する場合、運賃は無料です。

ヒースローエクスプレスとヒースローコネクトの大きな違いは、停車駅と運賃です。

停車駅

ヒースローエクスプレスは終点パディントン駅まで止まらない「特急」であるとすれば、ヒースローコネクトは終点パディントン駅まで5駅止まる「準急」です。
その差は10分程度なので、それを大きいと取るか、小さいと取るかは人それぞれだと思います。

運賃

ヒースローエクスプレスは、車両等級がありもちろん値段も違います。
エクスプレスクラス(二等車):片道16.50ポンド~、往復32ポンド~
ファーストクラス(一等車):片道26ポンド、往復50ポンド

一等車と二等車の違いは、座席の大きさと車両の位置のようです。
一等車はパディントン駅で出口に近く、座席も広かったです。
長時間乗るわけではないので、私は二等車で十分かなと思いました。

ヒースローコネクトは、車両等級などはありません。
値段は利用駅によって運賃は変わりますが、ヒースローエクスプレスの約半額程度でした。
ヒースロー空港~パディントン駅:片道7.40ポンド、往復14.80ポンド

チケット

指定席などはないので、その場で購入することが可能です。

機械ありますが、日本語対応はされていません。

心配な方は窓口での購入もできます。

乗車券は乗車後の車内でも購入できます。
ただ二等車の場合は割り増しになるので、できるだけ乗車前に購入をお勧めします。
日本国内からでも、公式ウェブサイトでEチケットの購入が可能です。
英語が苦手な方でも落ち着いて購入できるので、私はこちらをお勧めします!

ヒースローエクスプレス、ヒースローコネクトは降りるターミナルによっては乗り換えが難しいです!
私たちもその罠にはまったので、次回お話しさせてください!

ABOUT ME
紗羅
コスメと旅行と紅茶を愛する女子力向上ブロガー♡ 毎日の日常を可愛く彩る「スプーンひとさじのお砂糖」を届けていきます♡ 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください♡
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です