憧れの天蓋ベットホテルThe Bradley(ザ・ブラッドリー)【イギリス・ロンドン旅行14】 | かわいい妻の作り方
2017/3/2-11 HoneyMoon イギリス・フランス

憧れの天蓋ベットホテルThe Bradley(ザ・ブラッドリー)【イギリス・ロンドン旅行14】

マナーハウスに泊まる?泊まらない?

コッツォルズといえばマナーハウスも有名です!
マナーハウスとはかつての領主が建設した邸宅で、現在は高級感と行き届いたサービスを提供するホテルとして使われている場所が多いです。
コッツォルズはマナーハウスがとても多く、マナーハウスに泊まりにくる方も大勢います。
私ももちろんマナーハウスに泊まって、天蓋ベッドに優雅にお庭でアフタヌーンティー♡と考えていたのですが、
そもそも極寒、お庭でアフタヌーンティーは厳しい(笑)
コッツォルズのマナーハウスはとっても高い!
天蓋のベッドになるとさらに高い!

旦那さんは泊まりなよーと言ってくれたのですが、後半にいくディズニーホテルが本当に高かったので(笑)マナーハウスは断念しました。
といっても、天蓋ベッドにはどうしても泊まりたかったので、近場でマナーハウスのような素敵なホテルを発見し、そちらに泊まることにしました!

The Bradley(ザ・ブラッドリー)


それがこちらのThe Bradleyさんです。
このホテルも天蓋ベッドを選ぶと、そこまでお安いわけではないのですが、コッツォルズでマナーハウスに泊まると倍ぐらいするので、それを思うと比較的良心的です。

長屋を区切って使用している様で、1フロアに1部屋。
エレベーターがないので、上の方の階が当たるとなかなかしんどいかもしれないです。
ただとっても可愛く、素晴らしいお部屋でした!
私が泊まったお部屋はこちらです。

憧れの天蓋ベッド!!!!!!!!!
このグリーンの花柄のお部屋がとっても可愛くて、ホームページ見た時にここに泊まりたい!と思ってたので希望通りのお部屋で嬉しかったです。
ハネムーンの記載をしていたので、ベッドの上にはハネムーンらしいアートが♡

ゆったり仕事ができる様な書斎机。

本当に使える暖炉もありました!
(火の処理が大変なので一度も使用しませんでしたが・・・)

ドリンクも一通り用意してくださっています。

安いホテルだと浴槽がないところもありますが、こちらは大きな浴槽がありました!

シャワーも別で広く、半分しかガラスがないので飛び散るんじゃ・・・とビクビクしましたが普通に入ることができました。
トイレは逆側に1つあります。

素敵な調度品の数々!

チェックインした時に素敵な老夫婦がロビーの隣にある部屋に座っていらっしゃって、宿泊客が誰でも使える部屋のようでした。
お酒が用意してあり、そこで自由にお酒が飲めたり、本を読んだりできるそうです。
暖炉がついてて、暖炉の前で少しだけあったまりました。
暖炉のある家憧れますよねー。

チェルトナムの本や、珍しい家具、素敵な調度品で溢れています。

2部屋続きになっていて、隣の部屋に暖炉があります。

特にこちらのオーナーが素敵な方で、私たちが困っている時には全力で手を貸してくださいました。
晩御飯も特に決めずにきたので、お店の予約などをしていなかったのですが、この日のチェルトナムはどこもレストランがいっぱいで・・・
オススメのご飯屋さんを聞いたら、そもそも空いているお店がない状態でした。
それでも、私たちに素敵なご飯屋さんを紹介してくださってとっても素敵な夜を過ごすことができました!
残念ながら晩御飯の写真を撮り忘れてしまいました・・・
Facebookを発見したので、よければご覧になってください。
フランス料理のPetit Cocoさんです。
お店が地下にあるので少しわかりにくいですが、雰囲気のある素敵なお店でした!
もちろんお料理もとっても美味しかったです。

イギリスの方にオススメ料理を伺うと、必ずイタリアンかフランス料理を勧められます・・・(笑)

ABOUT ME
紗羅
コスメと旅行と紅茶を愛する女子力向上ブロガー♡ 毎日の日常を可愛く彩る「スプーンひとさじのお砂糖」を届けていきます♡ 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください♡